伊予市駅(いよしえき)は、愛媛県伊予市米湊に
あるJR四国予讃線の駅。駅番号はU05。
駅名標のコメントは平家ゆかりの五色浜の駅

■伊予市駅 駅舎
21070501
●伊予市駅 駅名標1
21070502
●伊予市駅 駅名標2
21070503
■目次
1.概要
1-1.略歴
2.駅構造
2-1.のりば
2-2.駅舎
3.駅周辺


●伊予市駅 周辺マップ


1.概要
愛媛県中予地方の最西端、現在の伊予市北部に位置
する旧・郡中町の玄関駅。国内に出荷される6割の
シェアを占める複数の削り節工場が立地する伊予市
の代表駅です。
なお、駅名は1955年1月1日の伊予郡郡中町、
北山崎村、南伊予村、南山崎村の合併により伊予市
が誕生したおよそ2年後の1957年2月27日に
現在の伊予市駅に改められました。
予讃線が所属線で特急を含む全列車が停車予讃線
旧線(愛ある伊予灘線)と内子方面に向かう予讃線
新線および松山方面の列車を加えた三方向の路線が
集まる、事実上の乗換駅(分岐駅は隣の向井原駅)
です。
※観光列車「伊予灘ものがたり」も運転停車します
観光列車「伊予灘ものがたり」【JR四国】
【日本旅行】鉄道の旅★
【近畿日本ツーリスト】観光列車・寝台列車の旅
21070504
→目次へ戻る!

1-1.略歴
●1930年2月27日
国鉄讃予線が松山駅から当駅まで延伸、南郡中駅
として開業。
●同年4月1日
高松駅ー当駅間および多度津駅ー阿波池田駅間が
国鉄予讃線となる。
●1932年12月1日
当駅から伊予上灘駅まで延伸、途中駅となる。
●1933年8月1日
国鉄予讃線が予讃本線に改称。
●1957年4月1日 現在の伊予市駅に改称。
●1984年2月1日 貨物の取扱いを廃止。
●1985年3月14日 荷物の取扱いを廃止。
●1986年3月3日
向井原ー内子間の新線が開通、事実上の乗換駅
なる。
●1987年4月1日
民営化により、JR四国が継承。
●1988年6月1日
予讃本線が予讃線に改称される。
●1990年11月21日
伊予北条駅ー当駅間が電化。
●2008年3月15日
ダイヤ改正により、すべての特急列車が停車する
ようになる。
21070505
→目次へ戻る!

2.駅構造
松山方面に向かって左側に駅舎がある、単式ホーム
1面1線・島式ホーム1面2線、合せて2面3線の
ホームを有する地上駅。
※1番線ホーム 内子方から松山方向
21070506
※跨線橋上から内子方向
21070507
当駅は形式上は予讃線非電化区間と電化区間の境目
の駅で、当駅から西側(伊予長浜方面・内子方面)
が非電化、当駅から東側(松山方面)が電化区間に
なっています。架線は当駅のホーム末端100m先
で途切れています。
※1番線ホーム 内子方から内子方向
21070508
駅舎北東側に貨物ホームと貨物側線が残っており、
現在は貨物側線は保線用車両の留置、貨物ホームは
駐輪場になっています。
21070509
駅東側、3番線の外側にある建物はJAえひめ中央
伊予撰果場
かつては駅東側にも多数の貨物線がありましたが、
すべて撤去されました。駅東側には現在も倉庫群が
広がっています。なお、信号扱所の跡など通票閉塞
時代の遺物が現在も残っているみたいです。
21070510
互いのホームは、向井原駅寄りにある跨線橋で連絡
しています。屋根は後年、設置されました。なお、
1番線ホーム側は踊り場があり階段が折り返す、駅
跨線橋としては珍しい構造です。
21070511
跨線橋が設置されるまでは2番・3番線ホームから
改札のある1番線ホームには、ホーム間の軌道上に
設置された踏切板で連絡していました。
21070512
→目次へ戻る!

2-1.のりば
のりば番号は駅舎側から1番→2番→3番のりば。
※跨線橋上から松山方向
21070513
駅舎側1番のりばが上下本線。特急「宇和海」は、
上下線とも1番のりばを発着します。
※1番のりば 内子方向
21070514
当駅は1番線が直線化された一線スルーの構造で、
行違いがない場合は上下線とも駅舎側1番のりばを
使用します。
※1番のりば 内子方から松山方向
21070515
駅舎と一体化した木製の待合所
21070516
※名所案内
21070517
1番のりばはホーム延長工事が施され、7両編成の
列車に対応できるようになりました。
※以前は5両編成まで
※1番のりば 松山方から宇和島方向
21070518
画像左・2番のりばは上下副本線。普通列車同士の
行違いや特急と普通列車の行違いの場合、普通列車
が使用します。
3番のりばは待避線で普通列車のみ使用。上下線に
かかわらず普通列車同士の行違いや特急との接続、
当駅折返しの普通列車が使用します。
※2番・3番のりば 内子方から松山方向
21070519
ホーム上には、V字型の屋根の待合所が設置されて
います。
21070520
※2番・3番のりば 松山方から内子方向
21070521
■改札口
2番線ホーム側に「2番のりば 横断注意」の文字
が残っており、現在も跨線橋設置前の踏切板の痕跡
が残っています。
21070522
→目次へ戻る!

2-2.駅舎
前面の鉄枠が特徴的な駅開業時の木造駅舎。何度も
改装されていますが大切に使われています。
※正面左側に水洗トイレがあります
21070523
■駅舎内待合所
かつては駅舎内でキヨスクが営業しました。
21070524
きっぷうりば
当駅は松山駅管理の直営駅
みどりの窓口は設置されていませんが、POS端末
で乗車券類を発券します(青春18きっぷの発券も
可能)。なお、指定席券は予約センターに確認後、
発券されます(出札補充券の場合もあり)。
●窓口営業時間(土日祝日・年始年末は休み)
07:30~10:00 10:20~11:45
12:25~13:40 14:30~15:40
また、新幹線自由席券や在来線特急自由席券も購入
できる傾斜式自動券売機が1台設置されています。
21070525
→目次へ戻る!

3.駅周辺
■駅前ロータリー
駅前にタクシーのりばがあります
21070526
駅前には第三セクターの商業施設「町家」があり、
飲食店などが営業しています
21070527
レンタサイクルの貸出も行っています
まちづくり郡中「町家」【公式】
21070528
駅前の道路は国道378号線。当駅は市街地の南の
外れにあり、周囲には民家や商店などが立ち並んで
います。
21070529
国道378号線の駅前から北東方向に延びる道路は
市役所通りと呼ばれ、伊予市の市役所や中核施設が
あり、銀行などの施設も集中しています。
また、国道378号線を挟んで向かい側に伊予鉄道
郡中線の終点・郡中港駅があります。
なお、郡中港駅には設置台数は少ないですがコイン
ロッカーが設置されています
※国道378号線 伊予市中心部方向
21070530
郡中港駅の駅前に伊予鉄南予バス(長浜~郡中線・
長浜~両沢線)のバス停がありましたが2015年
6月30日をもって廃止、翌日から伊予市コミュニ
ティバス「あいくる」が運行を開始しました
※伊予市内のみ運行
郡中港バス停
●伊予市コミュニティバス「あいくる」
※八倉線・三秋線・上三谷線・下三谷線・稲荷線
(土・日・祝日・年末年始は運休)
※唐川線
→月・火・木・金のみ運行(年末年始は運休)
※平岡線(水曜日のみ運行・年末年始は運休)
バス時刻表【ナビタイム】
※郡中バス停(2015年4月撮影)
21070531
また、国道378号線の駅前から南西方向に延びる
道路は花かつお通りと呼ばれ、ヤマキとマルトモの
削り節工場が立ち並んでいます
※国道378号線 南西方向
21070532
1km程西方に、海上自衛隊が練習艦寄港地に使用
している郡中港と伊予灘を望む松林に囲まれた公園
五色浜公園があります
21070533
平家の姫の伝説から名付けられた公園・五色姫海浜
公園
まで駅から徒歩約10分です
※駅前の県道215号線を直進
五色姫海浜公園【伊予市観光協会】
伊予市で唯一の天然温泉・いよ温泉
※駅から徒歩約7分
いよプリンスホテル【公式】
楽天トラベルで予約 じゃらんで予約
つたや旅館【公式】
21070534
→目次へ戻る!

最後までお読みいただき
ありがとうございました


ブログランキングに参加中です!
一日一回「ポチっ」と投票お願いします

鉄道旅行ランキング
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道ぶらり旅へ
にほんブログ村





























PVアクセスランキング にほんブログ村