向井原駅(むかいばらえき)は愛媛県伊予市市場
にあるJR四国予讃線旧線(愛ある伊予灘線)・
予讃線新線の駅。駅番号は予讃線旧線がS06、
予讃線新線がU06。
予讃線旧線と予讃線新線の分岐駅です。

■向井原駅 出入口
21020101
●向井原駅 駅名標
21020102
■目次
1.概要
1-1.略歴
2.駅構造
3.駅周辺
3-1.路線バス


●向井原駅 周辺マップ


1.概要
愛媛県の中予地方に位置する旧・北山崎村市場地区
(旧・市場町域)にある駅。予讃線が所属線で伊予
長浜方面に向かう予讃線旧線(愛ある伊予灘線)と
内子方面に向かう予讃線新線の分岐駅です。
普通列車のみ停車。相互直通運転する内子線の普通
列車も停車します。
なお、特急列車を利用して予讃線旧線⇔予讃線新線
内子線を利用する場合は途中下車をしない限り、
「分岐駅通過の特例(定期券は対象外)」で当駅ー
伊予市駅間を往復できます。
かつて当駅ー高野川駅間(三秋の大池近く)に三秋
信号場(1986年に廃止)があり、今もその跡が
残っています(三秋の大池【伊予市公式】)。
※伊予市コミュニティバス(あいくる)
 三秋・八倉線「三秋峠バス停」下車
21020103
→目次へ戻る!

1-1.略歴
●1963年10月1日
日本国有鉄道(国鉄)の駅として開業。
●1986年3月3日
内子方面への分岐駅となり、高架化。
●1987年4月1日
民営化により、JR四国が継承。
21020104
→目次へ戻る!

2.駅構造
松山方面に向かって右側に、単式ホーム1面1線を
有する高架駅。予讃線新線開業前は地上駅で、国鉄
時代は通過する普通列車も存在しました。
※ホーム 松山方向
21020105
当駅は松山駅管理の無人駅。駅舎はなく、ホームに
簡易な待合所のみ設置された駅です。自動券売機等
の設備はありません。
21020106
直進している線路が内子方面への予讃線新線、右に
分岐している線路が伊予長浜方面への予讃線旧線。
当駅は分岐駅ですが、駅西側に予讃線旧線の片渡り
分岐器がある棒線駅です。
21020107
ホーム中央付近に出入口(階段)があります
21020108
■向井原駅 出入口
21020109
→目次へ戻る!

3.駅周辺
■駅前風景
駅前は...小さなロータリーかな
21020110
駅前の大きな道路は国道56号線・向井原交差点。
駅周辺は伊予市の市街地南部にある住宅地。海側に
向かって住宅地が広がっています。
21020111
駅から約2km先に瀬戸内海があります
21020112
●ホームから山側(東側)
向井原交差点を左折するとひときわ目立つバナナの
看板・店舗があります(ご当地スーパーの仙波青果
バナナ館)
看板通り、バナナが大量に陳列され、松山自動車道
の伊予ICも近くにあるため、バイクツーリングを
楽しむ方がバナナで栄養補給をする目的でよく立ち
寄るみたいです
21020113
駅前を通る国道56号線は高知市から四国南西部を
経由して松山市へ至ります。
なお、松山自動車道と交差する辺りに自然の傾斜地
を利用した「登り窯」を備えた、県指定文化財市場
かわらがはな古代窯跡群
があります(駅から徒歩約
6分)
市場かわらがはな古代窯跡群【伊予市公式】
21020114
高架下の道路を西方面へ進むと、伊予市~八幡浜市
を経由して宇和島市に至るドライブルート「夕やけ
こやけライン(国道378号線)」に合流します
21020115
→目次へ戻る!

3-1.路線バス
■駅前 向井原駅バス停
●伊予市コミュニティバス(あいくる)
※唐川線/平岡線(運転日注意)
バス時刻表【ナビタイム】
■国道56号線沿い 市場バス停
※駅から約100m(バナナ館前)
●伊予市コミュニティバス(あいくる)
※唐川線/平岡線(運転日注意)
バス時刻表【ナビタイム】
21020116
■国道378号線 豊永橋バス停
※国道378号線との合流点付近
※駅から約600m
●伊予市コミュニティバス(あいくる)
※三秋・八倉線(運転日注意)
バス時刻表【ナビタイム】
21020117
→目次へ戻る!

最後までお読みいただき
ありがとうございました


ブログランキングに参加中です!
一日一回「ポチっ」と投票お願いします
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ  

■楽天トラベル(愛媛県)
ホテル・旅館 ●飛行機+宿泊 ●レンタカー
■じゃらん(愛媛県)
ホテル・旅館 ●飛行機+宿泊 ●レンタカー






PVアクセスランキング にほんブログ村