一志駅(いちしえき)は、三重県津市一志町八太に
あるJR東海名松線の駅。約150m北方に、近鉄
大阪線の川合高岡駅があります。

■一志駅 駅舎
21021201
●一志駅 駅名標
21021202
■目次
1.概要
1-1.略歴
2.駅構造
2-1.駅舎
3.駅周辺
3-1.路線バス


●一志駅 周辺マップ


1.概要
三重県中勢の内陸部、現在の津市一志町の北東端の
旧・川合村にある駅。駅開業時は現在の位置から約
300m伊勢奥津寄りの旧・高岡村にありました。
北方に近鉄大阪線の川合高岡駅があります。
名松線が所属線。
21021203
→目次へ戻る!

1-1.略歴
●1938年1月20日
伊勢田尻駅(いせたじりえき)として開業。
※旅客営業のみ
●1947年10月1日
旅客の発着制限を廃止、荷物の取扱いを開始。
●1968年10月1日
約300m松阪寄りの旧・川合村域に移転。
一志駅に改称、駅舎も新築。
●1984年2月1日 荷物の取扱いを廃止。
●1986年4月1日 無人化。
●1987年4月1日
民営化により、JR東海が継承。
21021204
→目次へ戻る!

2.駅構造
伊勢奥津方面に向かって、右側に駅舎がある、単式
ホーム1面1線を有する地上駅。
ホームはカーブしています。
※松阪方・一志住宅踏切から伊勢奥津方向
21021205
●一志駅 ホーム出入口
伊勢八太駅側にホーム出入口があります。
21021206
ホームは駅舎より一段高い位置にあります。
21021207
※ホーム 松阪方から伊勢奥津方向
21021208
駅舎西側・ホーム裏にある空き地。
貨物スペースだったのかな
21021209
2両編成分のホーム嵩上げ工事が施されています。
21021210
駅開業時は現在地から約300m伊勢奥津駅寄りに
短い片面ホームと小柄な駅舎がありました。
※ホーム 伊勢奥津方から伊勢奥津方向
21021211
※ホーム 伊勢奥津方から松阪方向
21021212
■旧・改札口
改札口横にトイレがあります
21021213
→目次へ戻る!

2-1.駅舎
コンクリート造りのシンプルな駅舎。
21021214
昭和43年(1968年)10月、現在地に移転。
現在の駅舎はそのとき建てられたものです。
※建物財産標(表記は昭和43年12月)
21021215
■駅舎内待合所
小荷物取扱所の跡が残っています。
21021216
旧・きっぷうりば
当駅は松阪駅管理の無人駅。かつては業務委託駅
したが、民営化の前年に無人化されました。
自動券売機等の設備はありません。
21021217
→目次へ戻る!

3.駅周辺
■駅前風景
21021218
※松阪方・一志住宅踏切
21021219
※一志団地集会所
21021220
駅周辺は旧・一志町中心部の市街地。
線路沿いに住宅地が広がっています
21021221
駅の南側を雲出川(くもずがわ)の支流・波瀬川が
流れています
21021222
駅前の道路を左折、北方面へ進むと徒歩4~5分で
県道58号線に到着。
21021223
交差点には近鉄大阪線の川合高岡駅、県道沿いには
住宅地や商店が立ち並び、津市役所一志総合支所(
旧・一志町役場)が近くにあります。
21021224
●近鉄大阪線 川合高岡駅
近畿日本鉄道 川合高岡駅
21021225
●津市役所一志総合支所(津市一志庁舎)
21021226
永遠の若さと美しさ、すこやかさを意味する万葉集
の一節「常処女(とこおとめ)」から名付けられた
多目的なゆとりの創造空間・一志温泉やすらぎの湯
とことめの里一志)へは、津市コミュニティバス
に乗車、「とことめの里一志バス停」下車です
津市観光協会【公式】
21021227
→目次へ戻る!

3-1.路線バス
川合高岡バス停
三重交通のバス停は一志総合支所前、津市コミュニ
ティバスのバス停は川合高岡駅前にあります
バス時刻表【ナビタイム】
●三重交通
※11系統(波瀬線)・12系統(多気線)
21021228
●津市コミュニティバス
※高岡ルート・河合ルート
21021229
一志総合支所バス停
●津市コミュニティバス
※高岡ルート・河合ルート
バス時刻表【ナビタイム】
21021230
→目次へ戻る!

最後までお読みいただき
ありがとうございました


ブログランキングに参加中です!
一日一回「ポチっ」と投票お願いします
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ  

■楽天トラベル(三重県)
ホテル・旅館 ●飛行機+宿泊 ●レンタカー
■じゃらん(三重県)
ホテル・旅館 ●飛行機+宿泊 ●レンタカー






PVアクセスランキング にほんブログ村