造田駅(ぞうだえき)は香川県さぬき市造田野間田
にあるJR四国高徳線の駅。駅番号はT17。
駅名は「ぞう」と濁りますが、地名は「ぞう
と濁りません。

■造田駅 駅舎(待合所)
21032001
●造田駅 駅名標
21032002
■目次
1.概要
1-1.略歴
2.駅構造
2-1.のりば
2-2.駅舎(待合所)
3.駅周辺
3-1.路線バス


●造田駅 周辺マップ


1.概要
香川県の東部、現在のさぬき市の南東部に位置する
旧・造田村の玄関駅。長尾町(第一次)と合併して
新たに成立した長尾町(第二次)北端に駅があり、
同町内では唯一のJR(国鉄)の駅でした。
高徳線が所属線で、普通列車のみ停車。特急同士の
行違いも行われ、かつては急行「阿波」が、短期間
でしたが停車する駅でした。
21032003
→目次へ戻る!

1-1.略歴
●1926年3月21日
鉄道省高徳線(当時)の志度ー讃岐津田間が開通、
その途中駅として開業。
●1987年4月1日
民営化により、JR四国が継承。
●2010年9月1日 無人化。
●2017年2月10日 新駅舎の使用開始。
21032004
→目次へ戻る!

2.駅構造
高松方面に向かって左側に駅舎がある対向式ホーム
2面2線を有する地上駅。
駅がカーブ上にあることもあり、駅舎側のホームは
列車とホームとの間がかなり広く開いており、隙間
の部分には黄色の回転灯が設置されています。
※跨線橋上から高松方向
21032005
駅舎西側・高松方には保線車両留置用の線路と資材
置場があります。
21032006
貨物ホームがあったのかな
21032007
互いのホームは神前駅寄りにある無蓋跨線橋で連絡
しています。
21032008
→目次へ戻る!

2-1.のりば
のりば番号は駅舎側から順に1番→2番のりば。
※オレンジタウン駅側から駅構内
21032009
1番のりばは上下本線の一線スルー
行違いがない場合は原則、駅舎がある1番のりばを
使用します。
※1番のりば 高松方向
21032010
※1番のりば 高松方から徳島方向
21032011
※1番のりば 徳島方から高松方向
21032012
反対側2番のりばは上下副本線。
特急の通過待ちや停車列車同士が行違う場合に使用
します。なお、普通列車同士の行違う場合も上下線
の発着番線は一定していません。
※2番のりば 高松方向
21032013
2番のりばには北側と直接、出入りが出来る出入口
があります。
21032014
●2番のりば 出入口
21032015
2番のりばには木製の待合所があります。
21032016
※2番のりば 高松方から徳島方向
21032017
※2番のりば 徳島方から高松方向
21032018
■出入口
21032019
→目次へ戻る!

2-2.駅舎(待合所)
2017年2月使用開始の簡易駅舎(待合所)。
21032020
かつては1926年3月開業時のものを民営化後に
改築した木造駅舎でした。
※2015年8月撮影
21032021
駅前には小さなロータリーがあり、自転車駐輪場や
公衆トイレが整備されています。
※2017年9月撮影
21032022
■駅舎内待合所
当駅は高松駅管理の無人駅。旧・駅舎があった20
10年9月1日無人化されました。
簡易駅舎内に自動券売機が1台設置されています。
21032023
→目次へ戻る!

3.駅周辺
■駅前風景
駅前の道路は県道142号線。
21032024
駅周辺は旧・造田村野間田地区の住宅地。
戦前は桑苗の出荷、戦中は軍需輸送や兵士の派遣、
終戦後は生活物資などの買い付けで連日、賑わって
いたそうです。
タクシー営業所が駅前通りにあります
※駅前通り(県道142号線)
21032025
県道142号線を南へ進むと、駅から徒歩6分程で
県道37号線と交差するT字路に到着します
21032026
交差点付近にローソンが出来たみたいです
21032027
※駅北側
21032028
→目次へ戻る!

3-1.路線バス
駅前にバス停があります
JR造田駅バス停
●さぬき市コミュニティバス
※志度ー造田ー多和線/津田ー大川ー寒川線
バス時刻表【ナビタイム】
21032029
→目次へ戻る!

最後までお読みいただき
ありがとうございました


ブログランキングに参加中です!
一日一回「ポチっ」と投票お願いします
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ  

■楽天トラベル(香川県)
ホテル・旅館 ●飛行機+宿泊 ●レンタカー
■じゃらん(香川県)
ホテル・旅館 ●飛行機+宿泊 ●レンタカー






PVアクセスランキング にほんブログ村